クラシックホーネットフリートリーダーF / A-18A 21-001

1 分読み

RAAF F/A-18A A21-001 the first Australian built Hornet fighter jet. A piece of this aircraft is in the caseback of the Aviator Air Force 100 watch

A21-001はオーストラリアで建設される最初の古典的なスノテットであり、退職時にすべてのF / A-18A / BSの最高の未払航間営業時間を主張した。コレクターの少数のコレクターがこの戦闘機を永遠に保つでしょう。

F18 A21-001

航空機は、ビクトリア州アバロンの政府機関工場(GAF)でオーストラリアのFA-18生産ラインから製造および納入された57の戦闘品の1つでした。それは、ホーネット講師訓練の開始を可能にするために、2航空の1つの航空機のうちの1つである。

Bausele F18

BauseleのChristophe Hoppe and Arron Coodeは、Raaf Base Williamtownから送られた後、Raaf Base Richmondでこの古典的なスリメンツのパネル片を集めることを光栄に思いました。航空史の一部を所有し、あなたのポケットにピースA21-001を保つために200人のコレクターの1人になる。

メーカー: ボーイング(もともとMcDonnell Douglas)
MFRの建設番号: AF-01(ブロック14)
操作翼と隊 81ウィング、3SQN、75SQN、77SQN、2OCU、481SQN / 81WG CWK(メンテナンス)
 
RAAFサービスに入った: 1985年11月25日
退院しました: 2020年7月8日
飛行時間: 6181.8 AFHRS.

🍪 We use our own and 3rd party cookies to improve your experience and for personalised advertising. By clicking accept, you consent to our use of cookies, or change your preferences here. Learn more Find More information
Accept Decline